ちいさな 銀杏のじゅうたん

置いて行かれたような気がした。
だって、いつの間にか紅葉が進んで季節は、山眠る12月。
重ねるのは、舞い散った黄色い落ち葉ばかりではない。
毎日毎日、小さな
かけがいのない 日々の営みの重なりでもある。
この、銀杏の黄色い葉のように目に見えるとは
限らない


b0005652_21492226.jpg
b0005652_21532582.jpg

[PR]
by maho3019 | 2005-12-11 21:49 | 秋味