外でもアイコンタクト!♪

昨日
Vivo2回目のレッスン日でした。

外では
先生が、Vivoをひくと

先に歩いているChoco&mahoを
追いかけてVivoがリードを引っ張ります。


また
ママたちの前を通り過ぎようとすると
激しく抵抗します。

どうやら分離不安もあるようです。

でも、すぐに抵抗するのをやめて先生についていきます。
(学習能力っていうのかな?ここはこうすればよい。とわかるようです。)

どうすればよいか
自分で考えて
ちゃんとできたとき
Vivoはいっぱい褒められて

うれしそうでしたよ!♪

子供や、他のワンコに対して
いろいろな意味で吠えて
吠え癖があるので

吠える前に言い聞かせて
Vivo自身が考えて
吠えなかったら
いっぱい誉めてあげる。(ご褒美おやつだってあげる。)
もやってみました。

b0005652_2022370.jpg



家の中では

先週に引き続き

「Vivo!」

名前を呼んでアイコンタクト!
ができたら
いっぱい誉めて
ご褒美を出します。

5秒、10秒、とアイコンタクトを長くできるようになりました。

「はうす!」
の命令でハウスに入るのも
今まで不確実だったので
練習しました。

「ステイ」)
も…、

今日は 自主トレで
名前を呼んでアイコンタクト!

屋外でやってみました。

はじめは、いろいろ気が散りましたが
こうして集中できるようになりました。

b0005652_20224114.jpg


Chocoといっしょでも
お互いに自分の名前を呼ばれるまで
我慢。
呼ばれたら
交代でアイコンタクトしてごほうびもらいました。

b0005652_20221715.jpg



犬のやってほしいことを人間が察してやってあげるのでなく

人間が
犬にやってもらいたいこと(吠えないで、ついてきて、ハウスに入ってetc)を伝え

それを犬がそれを理解してやってくれたとき
いっぱい誉める。(犬は誉められて嬉しい!♪)

ちゃんとできたときの
ひとつひとつのわんこの行いを
見逃さず
きちんと
誉めていくことによって
わんこは
自分がどうすればよいのか理解し
できるようになってくる。

てことですかね?

ドッグショーの時も
フードだけでつるのでなくVivoが自分から何をすればよいか理解し自信をもってできるようなってくれるといいな。

[PR]
by maho3019 | 2010-02-14 20:22 | トレーニング